クリニックについて

私たちが診察しています

臨床心理士布施晶子先生

布施晶子先生からのメッセージ

写真

悩みって、気付いてしまったら
何となくその存在が気になる服のシミのようなものですね。
気付きさえしなければ平気でいられるのに…。
小さすぎるシミ、薄すぎるシミなどありません。
臨床心理士は魔法使いではないので、
シミを元の状態に戻したり、
あっという間にきれいにすることはできませんが、
どうやったらきれいに落とせるか、
あるいは抜ききれないとしても、
どの程度ならよしと思えるか、
などを話し合って作業をしていきます。
臨床心理士は色々な方法を知っていて、その技術でお手伝いするのですが、
時には患者様の方がすごい技を考え出すこともあります。
そういう時は、人間の力の強さを実感します。
あなたの心のクリーニング、よければお手伝いさせてください。

布施晶子先生のご紹介

神戸市出身

経歴

早稲田大学文学研究科修了。
専門は臨床心理学、異文化間心理学。臨床心理士経験10年。
総合病院精神科、小児科クリニック発達相談員、東京都の電話相談員などの経歴があります。
これまで多くの心理相談・カウンセリングおよび心理検査にあたってこられた
ベテランの先生です。

趣味

宮部みゆきさん、東野圭吾さん、北村薫さんの本をよく読みます。
休日にはカラオケに行ったり、野球観戦にも行きます。
阪神ファンです。

スタッフから見た布施晶子先生の横顔

クリニックオープン当初よりご勤務されていますので
患者さまからの信頼が絶大なのはもちろんですが、
スタッフのよきお姉さん的な相談相手でもあります。
誰にでも年に1度くらいは辛い時期があるものですよね。
話を聞いてもらい、共感してもらう。
それだけで私たちもずいぶん気分が楽になります。
見た目はおだやかですが、
一本筋の通ったところのある頼りがいのある布施先生です。