診療科目

婦人科検診

婦人科検診

検診の必要性について、少し長い説明ですが、すごく大事なことなので読んでいただきたいと思います。

子宮けい癌

ここ数年、20~30代の若い女性に子宮けい癌が急増しています。現在、1年間に2,500人もの女性が子宮けい癌で命を失っています。子宮けい癌はHPV(Human papilloma virus/ヒトパピローマウイルス)の感染によって起こります。Sexで感染するということです。

HPVは身近なウイルスで百種類以上あり、手足にイボを作るウイルスと同じ仲間のウイルスです。子宮けい癌を起こす確率の高いウイルスの型は確証されていますが、そのHPVに感染したからといって直ぐに子宮けい癌になるわけではありません。身体の中にはさまざまな免疫がありますから、癌の芽はどんどん壊されていきますが、自己の免疫で押さえきれなくなると、癌が発症します。癌になる前は子宮けい部に異形細胞が増えます。

検査さえしていれば、異形細胞が増えた時点で発見できるので、癌を発症するまでには至りません。しかし、日本での子宮けい癌の検診率は、欧米に比べると段違いに低く、このことが罹患率を急増させていると思われます。

最近では、子宮けい癌をより正確に診断するために、HPVタイピングというウイルスを同定する検査が使われています。専用のブラシを使って子宮頸部の細胞をこすってとり、ウイルスの遺伝子の型を調べる検査です。

また、ウイルスの型は出ませんが、ハイリスクのものを持っているかどうかだけを調べる簡易検査もあります。ハイリスクのウイルスを持っていて異形細胞が多い場合は、更に拡大して組織をとり検査をします(コルポスコピーという検査です)。

その結果、けい癌の可能性が高ければ、子宮けい部の部分切除(円錐切除)をします。部分切除をしても妊娠も、出産も可能です。より正確に検査するために、今後は「細胞診+ウイルスの検査」の二本立てで子宮けい癌に対応していくことが望まれます。

2009年10月に、子宮けい癌のワクチン(サーバリックス)がやっと日本でも認証され、いよいよ実施されるようになりました。子宮けい癌の主な原因となるHPV16型および18型の感染を未然に防ぐ事ができるようになります。性交渉経験がないと考えられる10歳以上の女の子たちが対象になりますが、セックスの経験が無ければ、ウイルスに感染していないわけですから、年齢が少し上でも接種可能です。

また既にSexの経験があっても、16型、18型に感染していなければ、ワクチンによって充分予防ができると思われます。ワクチン接種と検診で100%に近い予防が可能です。「そのうちに~」ではなく、必ず、検診を! 可能ならワクチンも!

HPVタイピング 20,000円(税込)
子宮けい癌のワクチン
(サーバリックス/ガーダシル)
48,600円(税込、4/1価格改定、3回セットの費用)

*その他初診料、再診療がかかります。

子宮頚がん予防情報サイト もっと守ろう.jpをバナーをクリックしてご覧ください。

婦人科検診メニュー

乳がん検査について

当クリニックでは、乳がん検査を実施しておりませが、ご来院いただければ、乳腺外科を専門に開設する他の医療機関や、女性外来をご紹介することができます。その場合、初診料、紹介状なとにかかる費用は当クリニックにお支払いいただくことになりますので、予めご了承ください。