診療科目

婦人科・婦人科検診 現在婦人科は休診しております。

次のような症状で悩んでいたら、思いきって受診してみましょう

月経不順

3ヶ月間生理がお休みしたら、治療の対象になります。

生理痛・下腹部痛

生理痛は病気ではないという時代もありましたが、痛いのをがまんしても何もよいことはありません。対策をたてましょう。

外陰部のかゆみ・痛み

人になかなか相談できず、病院に行くのもはずかしいと思われるかもしれませんが、早めの治療が大切です。感染症の可能性も考えなければなりません。ひとりで心配しすぎる前に受診を。

帯下(おりもの)異常

おりものには個人差があります。受診のめやすは、“いつもと違う”という違和感です。感染症の可能性もあります。少しでも不安があれば早めの受診を。

不調の裏側にこんな疾患が潜んでいることがあります

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵巣の病気(多のう胞性卵巣)
  • 子宮癌
  • 性感染症

安心のためにも、年に1度は受けてほしい子宮癌検診

子宮・卵巣の状態についても検査をします。

保険診療および自費扱いについて

  • 症状がある場合は、保険診療になります。
  • 低用量ピルは、疾患以外での処方は自費扱いとなります。