トピックス

トピックス一覧

過去のトピックス(2010年11月)

  • 院長コラム11 「ガサガサ唇からぷるるんくちびるへ」

    いつも唇の皮がむけてガサガサ硬くなっている皆さん、今日でガサガサ唇とお別れしましょうね。少し色っぽく、触れたくなるくちびるをめざしてみましょう。

    まずは質感。弾力があって、スベスベでつやがあって、ぷるるんが目標です。唇には汗の腺も、毛穴もありませんから、温度調節もできませんし、皮脂もありません。だから乾燥するのは当然の事ではあるのですが、やはり目立つ唇、何とか潤いをキープしておきたいところです。

    唇のカサツキがなかなかとれない時は、かぶれも疑ってみます。唇がかぶれることは意外とあります。口紅の中に含まれる防腐剤や香料や、口紅の色自体にかぶれることもあります。歯みがきチューブや、果物の果汁や、特定の食物で痒くなったり腫れたりすることもあります。

    予防はとにかく怪しいものを避けること。一度合わなかったものは、何年経ってもダメです。そろそろ使えるかなぁ。とか、いつもの口紅が切れちゃったから使ってみよう。は絶対にダメです。油断なく!

    歯磨きチューブのかぶれや刺激もあります。歯磨きチューブは、つけなくても問題はありません。粘膜が弱い方は、何もつけないで磨きましょう。

    また、果物で、かぶれることもあります。唇に触れないようにいただきましょう。食物アレルギーは、合わない食物を口に入れた時に、触れた部分がピリピリしたり痒くなったり、腫れたり、鼻詰まりを起こしたり、息苦しくなったり、お腹を壊したりします。これも注意しなければならない症状です。

    そして身体の脱水も唇の乾燥をまねきます。唇が乾燥してきたなと思ったら、すぐに一杯お水を飲むことです。できればのどが乾く前に、30分に一度、水分補給をしましょう。脱水は細胞の老化を早めます。

    小さいお子さんでは、口呼吸をしているために唇が乾燥しているケースがよくあります。大人で口がポカンと開いていると、美人は台無しです。鼻呼吸をしましょうね。一日何回もオイルでもワセリンでも何かを塗りましょう。自宅にいるときは塗った上から小さく切ったラップで唇を10分くらい覆います。スベスベになること間違いなしです。

    口紅を塗るときは、しっかり保湿した上から、置くようにそっと塗ります。そうすると口紅で荒れることが少なくなります。グロスを塗りすぎてヌルヌルは、ちょっと品が無くなるので、その辺りも注意してくださいね。

    私のクリニック目白  院長 平田雅子

  • 院長コラム10 「おかあさんの髭」

    時々見回すと、鼻の下に髭が伸びているご婦人、意外と多いのです。これって不精ではなくて、ひょっとして、見えていない??老眼のせい??

    私はど近眼なので、手元はものすごくよく見える。しかも職業柄、観察力は探偵並み。なので、ありゃ、髭が伸びている。とすぐに気付くのですが、よっぽど親しい人でない限りは言ったら傷つけてしまうかなとか、いろいろ思い悩んで、やっぱり伝えられないことも多く…。

    更年期になると悲しいかな、女性ホルモンはどんどん下がり、体内のホルモンバランスはくずれ、相対的に男性ホルモンが高くなった結果、鼻の下も、顎ひげも濃くなったり…はよくあることです。周りがみんな髭に気づいているのに誰も言ってくれないと悲しいですが、言う方も勇気が要りますから、そこを察して、自分でもよく注意して自分の顔を見るように心がけましょう。

    私は最近子供にお願いしました。『お母さんに髭が生えていたら、絶対の絶対に教えてね。』観察力の鋭い皮膚科医も、自分の髭は見逃すこともあるかもしれないので、万全の注意が必要です。 私の友人は以前、こんなことを言っていました。自分が死んだら、死に化粧の前に髭を剃るように遺言状に書いておくと。確かに女性としては大事なことです。死んでも、美しくです。

    さて、では髭が濃くなったらどうするか。一度濃くなった髭は、ホルモンバランスが元に戻っても残念ながら、簡単には治りません。しょっちゅう剃って皮膚を傷めるよりは、思い切っての脱毛をお薦めします。

    脱毛って若い人がするものって思われがちですが、40代からの女性にこそ、身だしなみとして利用していただきたい治療です。鼻の下が何となくくすんで見えるのはひょっとしたら、産毛が濃くなっているのかもしれません。

    毛ってあっても無くても大変ですね。

    私のクリニック目白  院長 平田雅子

  • 期間限定 X'mas美肌治療キャンペーン(30% OFF)

    X'masまでに美人肌を手に入れよう。

    乾燥肌、目の下のシワ、しみなど皮膚の悩みは早めに解決してHappy Christmasを。

    11月22日から12月25日までに施術を受けられる方がキャンペーンの対象です。11月12日より予約受付を開始いたしました。ご予約は必ずお電話でお願いいたします。

    キャンペーン対象美肌治療(いずれもお顔全体が対象部位です)
    スキンリジュビネーション(PPx) ¥29,800 → ¥20,860
    オーロラ治療(フォトRF)      ¥42,000 → ¥29,400

    完全予約制のため、予約が入り次第終了とさせていただきます。また、キャンペーン対象の施術には、コスメのプレゼントはありません。あらかじめご了承ください。

  • 医療事務・看護師パートスタッフ募集

    もっとスキルがあるのに、殺伐とした職場で疲れてしまったり、もっと仕事場って楽しくていいんじゃないの?って思いながら、頑張ってきたあなた、元気な職場で楽しく働きませんか。

    『私のクリニック目白』ではスタッフが一丸となって日本中の女性を元気にすることに燃えています。患者さんを元気にするためには、スタッフも元気でいることが何より大切です。そのために自分達の健康と美容には心がけが違います。

    あなたも私たちと一緒に元気と笑顔を手に入れませんか。 看護師の有給消化率はほぼ100%、もちろんパートもです。 お子さんのいる方にはできる範囲で協力しています。 元気な職場であなたのやる気をお待ちしています。

    医療事務

    医療事務・レセプト業務、レセコン操作のご経験のある方で、週3日程度勤務できる方を1名募集しています。採用情報のページをご覧いただき、応募書類をご送付ください。 長期就労できる方を求めています。ハローワークでも求人情報が検索できます。

    看護師(准看護師)
    週3日程度、午後勤務できる方を募集しています。 採用情報のページをご覧いただき、応募書類をご送付ください。 ハローワーク(13090-26220801)や日本看護協会のe-ナースセンター(S0038636-012)でも求人情報が検索できます。

  • 院長コラム9 「漏脂性皮膚炎」

    前々回のコラムで父の脂漏性皮膚炎の話をしましたので、簡単に説明をしますね。 季節の変わり目になると、洗っても洗っても頭皮の痒みがとれない方や、頭皮が油っぽくなったり、ふけ性になったりする方が増えます。脂漏性皮膚炎の症状です。 簡単に言うと自分の皮脂に負けるようなかぶれを起こしているのです。

    皮膚には元々、常在菌が何万とあります。頭皮にもたくさんです。表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌(かんきん)とカビが代表です。脂漏性皮膚炎では、カビが表皮に増え、痒みや湿疹の原因になります。頭皮は全体に脂が多く、皮膚と しては丈夫なのですが、脂が出すぎるとトラブルになります。同様にこの皮膚炎は、Tゾーンや眉や生え際に赤みや痒みや皮がむけるなどの症状を起こすこともあ ります。背中の中心部や耳、陰部の被毛部にも同じような症状を出す事もあります。

    治療をすれば治る皮膚炎ですが、体力が落ちていたり、内臓疾患のサインとして急に現れる事もありますので、自己判断をせずにご相談ください。

    私のクリニック目白  院長 平田雅子

  • 院長コラム8 「手荒れ」

    先週はいきなり冬が来たかと思う寒さでしたが、体調をくずされてはいませんか。 寒さとともに、冬は乾燥が気になりますね。 手もガサガサささくれだってくる季節です。 乾燥や使いすぎによる手荒れを手湿疹とか主婦湿疹と呼びます。 手を使っているのにいたわってあげないと、痒くて痛くてひび割れたりします。

    同じくらい手を使っているのに、夏は大丈夫という方が多いのですが、夏は汗や湿度が高いことでマスクされています。冬本番前に少しでも手の保護をしておきましょう。手湿疹の手当ては、
    ①お湯を使わない
    ②洗浄力の強い石けんを使わない
    ③水仕事は手袋で
    とにかく手を守りましょう。手荒れはとにかく保湿。1時間に1回でもハンドクリームを塗ることですよ。

    若いとき、私の手も11月頃になると、カサカサして春まで痛い思いをしていました。『ガサガサしてると痛いから手つなげないよ。』と言われて悲しかったこともありました。 あなたはそんな事言われないように今日からしっかり保湿をね。それから栄養不足も影響するわ。体調も整えてね。

    私のクリニック目白  院長 平田雅子

  • 院長コラム7 「私のお父さん

    流れるようにマリア・カラスが歌う『私のお父さん』いうアリアが好きで、ひとりの時よく聞きます。 最近、アンサンブル・プラネタというグループのア・カペラで同じ曲を聞きました。天使の歌声と言われているようです。 同じ曲でも、表現はいろいろあるものですね。チャンスがあったら聞いてみてくださいね。からだが音楽ってすごいですよね。なんだか格好いい。

    さて、私の実の父親が亡くなって、今年十三回忌を迎えました。肝臓癌でした。父の病気がわかる1年半くらい前に皮膚にサインが出ていました。私はそのことに気づきませんでした。私の父は、元々あっさりサッパリ系の皮膚の持ち主でしたが、突然、顔がベタッとしてふけっぽくなり ました。いわゆる脂漏性皮膚炎です。

    この皮膚炎は、季節の変わり目や体調の悪いときに悪化しますが、時には免疫力が落ちているときのサインでもあります。いつもと違う皮膚の変化は、からだの変調のサインであることがよくあります。”何か変だぞ”は、本当に何かが変化し始めていることがありますので、そのうち治るだろうと思わずに、ご相談ください。

    今年も2ヵ月あまりになりました。 心配事も早めに片付けちゃいましょう。

    私のクリニック目白  院長 平田雅子

過去のトピックス