トピックス

トピックス一覧

過去のトピックス一覧(院長コラムへのリンク集もあります) 

トピックス(2012年5月)

  1. 院長コラム35 「 シミ・こじわの予防は早い者勝ち」

    今日は雲一つない本当に遠くまでよく晴れた一日でした。暑すぎず風もさわやかな、初夏の一日でした。

    いつも日中はクリニックの中にいて、日に当たることがあまりない私ですが、午前中から電車に乗って出かけていました。歩道も電車の中もホームも、初夏の光がいっぱいです。しっかり日焼け止めクリームを塗っている私でも危険を感じるくらいまぶしい。

    目も傷むなあと思いながら、周りを見渡すと半袖、素足の方がいっぱいです。人の背中でも気になります。透明人間になれるのなら、近くに行って“日焼け止めクリーム塗ってくださいね。”と声をかけたいくらいです。

    最近は保湿も兼ねた塗りやすい日焼け止めクリームがたくさん出ていますから、日中もお化粧の上からセッセと塗ってくださいね。SPFが50あっても実際には3時間くらいしか保ちません。

    先日テレビ局で実験していただきましたが、普通に生活をしていると、朝しっかり日焼け止めクリームを塗って安心していても、お昼前にはほとんど落ちてしまいます。

    バッグに1本日焼け止めクリームを携帯し、3時間おきにそっと皮膚に置くように重ねて塗ってくださいね。目の下の皮膚の薄い部分だけでも塗ってください。約束ですよ。

    シミやこじわを増やさないための鉄則です。
    陽射しがいよいよ強くなって来ましたので、緊急のお知らせでした。(5月27日)

    私のクリニック目白 院長 平田雅子
    過去のコラムはこちらから。

  1. 院長コラム34 「水虫に負けないための極意」

    暖かくなりましたね。ゴールデンウイークを境に季節がすっかり変わりました。暖かくなると胃腸の動きも活発になり、冷えて痛かった関節も楽になったりと、からだの調子は良くなることが多いですね。

    人間が調子よくなるのと同じで、からだにつくカビも元気になります。代表選手は白せん菌、水虫です。水虫というと足の病気と思われがちですが、からだ中どこに出てもおかしくはありません。これからの季節、カビに負けないように注意が必要です。

    カビが生える条件は3つ。適度な温度、適度な湿度、そしてカビが育つための栄養です。人の足は体温、汗、角質と条件がそろっていますから、カビにとっては成長するのに好都合です。

    水虫が元気になる季節、負けないためのケアをお話しします。足が汗ばんでいる状態が長く続かないように、可能なら仕事場ではサンダルに履き替える。急な雨で足が濡れてしまった時に備えて、職場に靴下や靴の予備を置いておくといいですよ。

    家に帰ったらまず足を洗う。石けんを使ってゆびの間まで洗います。ゴシゴシ洗う必要はありません。そしてよく拭くこと。特に4番目と5番目の間の深いくぼみには、水気が残りやすいので特に意識して拭くこと。

    その日1日履いていた靴は、できれば中をギュッとしぼったペーパータオルなどで拭いておく。バスマットからの感染が多いので、家族に水虫の方がいたらバスマットを別々にします。スポーツジムや温泉のマットからの感染もよくありますから、バスマットを踏まないで個々に拭きます。家に帰ってから更に軽く洗えると尚よいです。

    治療をしている方はしっかり薬を塗りましょう。一度にたくさん塗ると湿度を上げることになりますから、薄く塗るのをお薦めします。朝は靴下をはく前にティッシュペーパーでゆびの間の汗をとります。きのうと同じ靴は履かないこと。

    このくらいすれば完璧ですが、できることだけでもお薦めします。また皮膚の抵抗力が落ちないように栄養をとること、洗いすぎないことなども大事です。

    水虫かなと思ったら、まずはご相談を。

    私のクリニック目白 院長 平田雅子
    過去のコラムはこちらから。

  1. 産経新聞「女医エッセー しなやかにうつくしく」に院長が連載しています

    院長の担当は火曜日です。産経ニュースで記事が読めますので下の日付をクリックしてください。
    2011年
    10月18日(火)「疲れを見直そう」

    11月15日(火)「からだの疲れは皮膚にでますよ」
    12月13日(火)「アンチエイジングに3つの心掛け」
    2012年
    1月24日(火)「今年は自分を大切にする年に」

    2月21日(火)「いにしえに思いをはせて」
    3月20日(火)「更年期にはお肌のケア強化を」
    4月17日(火)「若さは口元から」
    5月22日(火)「体のカビ対策を今から」
    6月19日(火)「子供を紫外線から守るために」
    以降の予定
    7月17日(火)


    その他の雑誌メディア等の掲載については、こちらでご覧ください。
    他の院長のコラムはこちらから。

  • 『肌がみるみる綺麗になる!大人の「スキンケア」新法則』 6月28日発売

    先月に引き続き、今月も院長の新刊が発売されます。


    ・書 名 : 肌がみるみる綺麗になる!大人 の「スキンケア」新法則
    ・著 者 : 平田雅子
    ・発 行 : 三笠書房 王様文庫
    ・発売日: 2011年6月28日
    ・定 価 : 600円(税込み)


    この本の読みどころ: 肌に自信が持てれば、人生が楽しくなる!

    ☆肌であなたの印象はガラリと変わる!
    ☆《美肌プログラム》で肌本来の力を取り戻す!
    ☆皮膚科の現場から見た《最新スキンケア》

    ☆知っていますか?スキンケアの常識・非常識
    ☆すぐ試せる!肌の悩み別・トラブル別解消法


  • 『水だけ洗顔で、一生美肌!』5月25日発売

    院長コラム20でご案内いたしました、院長の著書が本日発売になりましたので、改めてご案内させていただきます。

    ・書 名 : 『水だけ洗顔で、一生美肌!』
    ・著 者 : 平田雅子
    ・発 行 : 小学館
    ・発売日: 5月25日 増刷されました!
    ・定 価 : 1,260円(税込み)

    詳しくは、小学館のサイト
    目次情報、試し読みページなども公開されています。 PRの動画もアップされました(いきなり音がでるかもしれません)。

    小学館おやこページ「だっこ」で「今月の一冊」としてご紹介いただいています。お子様にも一生美肌を!


    ↑ 画像をクリック。詳細サイトへ。
    クリニックでも販売しております。

    内容紹介:
    とにかくみんな洗いすぎ!それに、肌はあたためると老けるんです。 毎朝毎晩お湯で洗ったり、たっぷりの泡でごしごし洗顔していると、肌は確実に老化します。では、どうしたら…? 目からウロコのスキンケアの真実と、一生美肌でいるための平田式【水だけ洗顔】美容法は、この本に。